こんにちはMAKIMEDIA です。実は幼少期にローマに住んでました、なんちゃって帰国子女です。

今日はローマ観光するなら絶対絶対オススメのハイクオリティなプロジェクションマッピングの舞台 Giudizio Universale を紹介します。

ローマの地下鉄とかホテルには広告が出てるけど、ガイドブックとかには載ってないので現地に行かないと存在に気づかない可能性がありますが、一見の価値ありです。

永遠の都、ローマという言葉の通り、ローマは観光名所にあふれています。コロッセオ、スペイン階段、真実の口、トレビの泉、遺跡や古い建物がならぶ街並みの散歩。

中でも世界最小の国、バチカン市国に行って美術館やシスティーナ礼拝堂に行く方もたくさんいるのではないでしょうか?

システィーナ礼拝堂には世界史や美術史で必ず出てくるミケランジェロの最高傑作、最期の審判とシスティーナ礼拝堂天井画があります。

ガイドブックやネットの解説を読むのもいいけど、世界史なんて学生以来、、カタカナが並んでるとなんか全部同じに見えてきちゃう、、

そんな方にバチカン、システィーナ礼拝堂に行く前にぜひ行って欲しいのがGiudizio Universale です。

https://www.giudiziouniversale.com/en/

Giudizio Universale ではチケットミケランジェロとシスティーナ礼拝堂の秘密とあるように、ミケランジェロがどんな背景や思いを込めてシスティーナ礼拝堂天井画を手がけたのかを表現してる舞台です。

オススメポイントは

①とにかくプロジェクションマッピングのクオリティが高い!しかも日本語音声あり

②システィーナ礼拝堂の絵を一枚一枚わかりやすく紹介するのでバチカンに行く前に見るのがおススメ。

③バチカンから徒歩圏内。チケットもネットで簡単に取れるし、安い。

①とにかくプロジェクションマッピングのクオリティが高い!しかも日本語音声あり

皆さんはプロジェクションマッピングを見たことがありますか?見たことある方、それは忘れてください。このGiudizio Universale は劇場の中全体が投影壁となっており、舞台は二重の幕がありプロジェクションマッピングにさらに奥行きを感じられ、あたかもシスティーナ礼拝堂にいるような気分です。

終演すると最後シーンだけ投影されたままなので劇場の写真が撮れました!こんな感じです↓

すごくないですか?本当にシスティーナ礼拝堂の中にいるようです。

絵画の再現だけでなく、全体を通してグラフィックのクオリティがとても高く例えば、ノアの箱船で荒波に飲まれるシーンは本当に水の中に入っているような感覚になり、満点の星空が映るシーンは自分も天に浮いているように感じます。

その世界にいるような没入感は圧巻です。

セリフは全部イタリア語ですが日本語同時音声通訳(しかも翻訳レベル高い!)があるため安心。コンテンポラリーダンスや豪華な法王の衣装にも注目です。

プロジェクションマッピングの真髄を味わえます。

②システィーナ礼拝堂の絵を一枚一枚わかりやすく紹介するのでバチカンに行く前に見るのがおススメ。

フィレンツェでダビデ像とか作ってたミケランジェロがなんでわざわざバチカンに来て製作したのか?

確かに見たことある絵だけど、結局どういう意味なんだっけ?

というかシスティーナ礼拝堂って何?

って人にオススメです。

一枚一枚の絵を壮大なプロジェクションマッピングとミケランジェロ、法王の掛け合いで解説されるので予習にぴったり。

③バチカンから徒歩9分。チケットもネットで簡単に取れるし、安い。

知らない国では地図を広げて歩くのってちょっと不安ですよね。でもバチカンから徒歩9分くらい。大通りをまっすぐ歩くだけ!

チケットもネットで簡単に予約ができます。席によって値段が違うけど大体€18〜€26くらいで、同時通訳の機器が€5くらいです。

日本このレベルの舞台を観るとおそらく8,000円から15,000円としそうなのでかなり安いと思います。

Giudizio Universale 公式サイトのチケット

Ticket master やTrip advisor からもチケットをネット予約できるので簡単。当日窓口で買ってもいいけど、窓口のお姉さんがのんびりしてるのでネット予約で押さえておくほうが安全。

270°くらいの視野なので席は前じゃなくても十分楽しめます。舞台でダンスや演者の表情を見たい人は前がオススメですが、席の間にも演者が通ったりするので一番安い席で全く問題なかったです。

時間もバリエーションがあるのが嬉しい。オペラや劇の多くは夜に開演し、深夜に終わるものばかりだけど、この舞台はお昼の公演もあるので時間を有意義に使えます。

ここで簡単にタイムテーブルを調べられます。

https://www.giudiziouniversale.com/il-calendario/

11:30-/17:00-/21:00のパターンがあり約1時間くらいです。

あと個人的な感想ですがYouTube の予告動画は暗くで重々しい雰囲気なので見ない方がオススメです。すごく厳かで暗〜い舞台を想像してしまいそうになりますが、実際は色彩豊かで動きもダイナミックなのでいい意味で予告動画とのギャップがありました。

ローマでプロジェクションマッピングを使った舞台を観劇!なかなかいいとは思いませんか?

慣れない石畳みに歩き疲れたらぜひオススメです。劇場もとっても綺麗でトイレも綺麗です。

グッツは、、微妙です!笑

2019年もまだまだ公演してるのでローマに行く機会があればぜひ行ってみてください!

「〈バチカン行く人必見〉システィーナ礼拝堂天井画がプロジェクションマッピングに?Giudizio Universale の見どころ」に2件のコメントがあります

  1. 2019年5月現在、ヴァチカン美術館の入場予約をネットで取ると、入場予約券(印刷用)に自動にこの舞台の割引予約のリンクが付いてきます。それを利用するとかなり安くなるようです。

    また、ローマ観光に活躍する「ローマパス」を使っても割引があります。

    1. 来月ローマとは羨ましいです。ヴァチカンの予約でクーポンもらえるんですね!知りませんでした。私はホテルのクーポン派でした。ローマ今はいい季節ですね。楽しんでください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。