産後3ヶ月だからこそ産後ケアがありがたい|至誠会第二病院

産後3カ月利用した宿泊型の産後ケアについて、私の体験談を交えてお伝えします。世田谷区の産後ケアでは至誠会第二病院が利用でき、今回で3回目の宿泊です。

なぜ産後3ヶ月でも宿泊型産後ケアを利用したのか

世田谷区の宿泊型の産後ケア事業は産後4ヶ月未満までしか利用できません。「3ヶ月で泊まる必要ある?」と思うかもしれませんが、疲れや悩みがたまっていたので利用して大大大正解でした!

産後3ヶ月で助かったこと

  1. 白斑の授乳痛をケア!
    • 授乳トラブルのケアを助産師さんに相談でき、マッサージで改善!
    • おかげで母乳の出が良くなり、授乳が楽になりました。
  2. とにかく寝れた!
    • 授乳以外は預け、日中もスマホを見ずにたっぷり睡眠。
    • 四六時中寝られるなんてよっぽど疲れがたまっていたんだと実感。
  3. ミルクと母乳の量について相談できた
    • 子どもの体重や母乳量を測り、適切な量を確認。
    • ネットの情報に惑わされず、プロに相談する大切さを実感しました。

平日との違いと注意点

  • 助産師さんの数が少ない: 土日は平日より少なめですが、ナースコールで対応してもらえます。
  • 売店の営業時間が短い: 土日は営業時間に注意が必要です。
  • 宿泊日数のカウント: 1泊2日で毎回泊まる場合、最大3回+1日は捨てることになります。
  • 利用期限: 生後4ヶ月までなので、きっちり守る必要があります。

宿泊型産後ケアは、心と体をリセットする最高の機会です。至誠会第二病院の土日も利用できるので、ぜひ検討してみてくださいね!

※体験談は個人のものです。効果や内容は人によって異なります。

関連記事