ちょっとした海外旅行先として人気の台湾

飛行機で3,4時間で行けるなんて最高ですよねー

今回は台北から南下した、その名も台南のおすすめレストランを紹介します。

台湾の人に連れて行ってもらったのですが、

美味しいし、台北の店舗がなくなっちゃったから、本当は教えたくない

との期待高まるコメント!

台南は屋台や、さくっと入れるごはんやさんもたくさんありますか、それはまた今度。

ちなみに台南は台北から車で早いと3時間45分くらい、新幹線でも3時間くらいでいけます。

古き良き台湾の風景が残っていて、台湾ノスタルジーを味わいたい人にとっても人気の街。

日本の京都的な感じとも言われていますが、どっちかというと温泉のない別府って感じでした笑

台南はとっても肉食な町で、

今回オススメするのは

台湾風 しゃぶしゃぶです!

永林総合料理 (Yonlin Restaurant )

https://www.yonlin.com.tw

もちろんメニューはしゃぶしゃぶ一択!

オススメ理由を3行で

  1. とにかく具材が新鮮
  1. タレのバリエーションが無限大
  2. サイドメニューで小休止

1.とにかく具材が新鮮

選べる具材がお肉、海鮮、野菜、練りもの(水餃子とか)系がそれぞれ豊富で、

牛、豚、ラムがあり今回は牛とラム、そしてレバーとセンマイ(下茹で済み)を選択

ここではいわゆるサシの入ったジューシーな赤身肉もあり、事前に予約して確保しておくのがおすすめ。とっても新鮮なので少しレアでも大丈夫。好きな具合でダシにくぐらせます。

どのお肉も臭みが一切なく、ダシの優しさもあいまって、いくらでも食べられます。湯気すら美味しい。

センマイはクタクタになったキャベツと一緒に少し濃いめのタレを半分くらいディップして食べると美味美味

マイナー枠だと、ヤングコーンが意外とマッチしてて隠れおすすめ具材

2. タレのバリエーションが無限大

具材だけでも素晴らしいのですが、さらに奥深いのがタレ!

写真を撮り忘れたんですが、タレは薬味や調味料を自分でまぜまぜして作るシステム。セルフビュッフェ式

辛い醤油、甘い醤油、豆板醤、辛い豆板醤と謎の香油や食べるラー油のようなものに、

生姜、ネギ、にんにく、パクチー、ゴマだれを好きな感じに適当に混ぜて作ります。

わからない時はお店の人におすすめの配合を教わるのもグッドです。

最初はタレの味がしっかりして、だんだんダシと混ざってきてマイルドになっていく変化も楽しく

醤油系バージョンと胡麻味噌系バージョンと2つ作って食べ分けるのもメリハリが出て尚良し

ビュッフェ式なのでいつでも追加できるのも嬉しい

3. サイドメニューで小休止

せっかくだからしゃぶしゃぶ鍋以外の台南おすすめ食材楽しみたい、という人はちっちゃい貝のボイルを試していただきたい。

日本でもおつまみで出てくるようなバイ貝みたいに、つまようじでホジホジしながら食べます。

↑台湾人の同僚が食べ方を教えてくれてる写真

(見た目がちょっと気持ち悪くて、これはカタツムリではないよね、と3回くらい確認してから食べました笑 安心してください貝です)

台北にも屋台などで見かけるのですが、圧倒的にここは鮮度が良い。潮味と肝の味がしっかりしているのでまずはそのまま一口。そのあとピリ辛ケチャップのようなチリソースにつけてさらに一口。

鍋でしゃぶしゃぶと貝をホジホジ。半永久運動です。

飲み物もついでに紹介すると、台湾クラフトビールも充実しておりビール好きにもオススメ

そしてノンアル派の皆さん!

冷たいお茶のバリエーションだけでも4-5種類ありますよ♡

写真を撮り忘れたのでチラシの写真を。どれも美味しいんだなー

約1リットルで400円くらい。安いですー!冷蔵庫から勝手にとって飲むシステム

みんな大好きアップルサイダーやジュースもあります

お腹いっぱいだけど、夜食や晩酌のお供に、という通な人にはカニのテイクアウトがオススメ

ボイルしただけですが身も味噌も濃厚!お酢もマヨネーズもいらない

ここまでくると完璧!100点満点。いい夢が見れそうです。

以上、本当は教えたくない台南のおすすめレストランでした

永林綜合料理

https://www.yonlin.com.tw

「本当は教えたくない台南のおすすめレストラン」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。