パンパカパーン。正月ボケから無事社会復帰

年末年始は本ばかり本でいてその続き。

本といっても絵本ですが。。

東京都庭園美術館のミュージアムショップ『ブラン』で買った

「誰も知らない世界のことわざ」

この本はキッチュでシュール

例えば日本のことわざも

「猫をかぶる」

というのがあるけど、意味を知らずに字面だけみると、猫??ってなりますよね

そんなちょっとゆるい、でも何となーく分かるような、うーんやっぱりわからないような世界のことわざたちがとっています

例えば

「ロバにスポンジケーキ」

うんうん、これは豚に真珠のポルトガル語バージョンです。

イージーイージー

でも

「猫のように熱いおかゆなの周りを歩く」

お粥

(七草がゆ美味しかったなー美味しくて翌日も食べました)

???

もう美味しい熱々のおかゆと、その周りをぐるぐる歩く猫たちの姿しか思い浮かびません

もはやジブリの1シーンなのでは。

閑話休題

これはフィンランド語で「重要な点に切り込まず、遠回しに探る」ということですって

面白いですねー

こういう絵本を寝る前にパラパラ見ながら、ふーんと思ってベッドに潜る日も悪くないと思います。

ちなみにタイトルのえびサンドに乗っていくはスウェーデンのことわざです

さてどんな意味でしょうか。

私もエビサンドにのってすべっていきたいです

エビサンドよりはタマゴサンドが好きです。カラシを少しきかせてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。